有機栽培で育てた素材|痛みを出したくないなら白髪染めのヘアートリートメントを利用しよう
ウーマン

痛みを出したくないなら白髪染めのヘアートリートメントを利用しよう

有機栽培で育てた素材

洗髪

オーガニックが良い

有機栽培で育てた素材を使ったオーガニックシャンプーは、放射能が照射されていないものに限られる。そのほかにも無添加であること、自然素材を使っていることなど条件がある。オーガニックシャンプーはシリコンを使用していないので、肌や髪にやさしく毛穴の詰まりも予防できる。毛穴の環境が良くなり、抜け毛や切れ毛などダメージも次第に解消されていく。オーガニックシャンプーは使い続けないと指通りの良さを実感できないため、途中で断念する人も多い。使って2週間くらいでさらさらになるのを感じるので、効果が出るまであきらめないことが肝心だ。シャンプーしたあとに添加物たっぷりのコンディショナーを使っては何もならない。気を抜かずにコンディショナーやトリートメントもオーガニックを使うのが望ましい。

管理方法が大切

「オーガニックシャンプー」の難点は泡立ちが良くないことである。泡立ちを少しでも良くするためには、シャンプーする前にお湯で湯洗いしておくことが大切だ。泡立ちで汚れの落ち具合に差が出るので、3分くらい湯洗いをしてしっかり泡立てておく。オーガニックシャンプーを使い続けていると自然治癒力がアップして、キズついて傷んだ髪もしなやかで丈夫になる。オーガニックシャンプーの弱点をひとつあげるとしたら長持ちできないことだ。防腐剤が使われていないので、なるべく1か月を目安に使いきるようにする。安全性が高くデリケートなので、管理方法にもじゅうぶん注意しなくてはならない。バスルームに直射日光が当たる場合は、場所を変えて涼しいところで管理する。